愛岐トンネル群保存再生委員会ロゴ

NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会 公式サイト
〔事務局〕090-4860-4664

愛岐トンネル群のイベントとアクティビティー


アクティビティーマップ2019秋


 愛岐トンネル群には、ちびっこも大人も楽しめるイベントとアクティビティーがいくつか用意されています。 このページでは、それらのイベントとアクティビティーをルート順に紹介します。

【activity アクティビティー】とは、活気、活動、さらに「旅行先などで楽しめる遊び」と辞書にあります。 近年、かなり使われる言葉になってきましたが、不思議なことに日本語ではピッタリの言葉が見つからない・・・。 そんな訳で、ここでは 「アクティビティー」を使うことにします。


  • 登る遊具
  • 登る遊具 「のぼるくん」

     3号トンネルから落石防護柵を左に見て歩くと、ほどなく竹林です。ここに「登る遊具 のぼるくん」があります。 太くてまっすぐな竹に造り付けられていて、アンパンマンとドラえもんの2種類。 2本のヒモの赤い玉を左右の手で持って交互に下に引っ張ると、あら不思議。アンパンマンやドラえもんが竹に沿って上に登って いきます。5mほどの高さまで登ります。手を緩めれば降りてきます。単純ですが、楽しい・・・。子どもたちが(心の若い大人も) 楽しそうに遊んでくれます。
    これで子どもたちが「トンネルって、意外と楽しいかも!?」と感じてくれたら、 しめたもの(笑)です。

  • 竹細工
  • 竹細工ワークショップ(ガリガリトンボなど)

    「のぼるくん」のすぐそばにある竹細工のワークショップです。竹細工名人の当会会員が竹細工の指導をします。
     ここでは、ガリガリトンボという名前の、とても不思議な竹細工を作ります(半完成になっており、短時間で作れます)。 出来上がったものを竹の棒でガリガリやると、プロペラが好きな方向へくるくる回ります。いやあ、不思議ふしぎ!! 
    ※ガリガリトンボは有料です。作ったものは持ち帰れます。  休みの日もありますので、予めご承知ください。

  • 東屋の呈茶風景
  • 東屋での呈茶

      竹林から山側をのぞくと、小屋が見えます。東屋(あずまや)と呼んでいる小屋で、イロリがあって、 くつろげる場所です。 ここは普段は会員が作業の時に休憩したりしているのですが、公開時には呈茶が行われます。 あなたもおいしいお抹茶、 いかがでしょうか。
    (呈茶は有料です。2019年秋時点で300円。おいしいお菓子つき。土日祝日に営業します。休みの日もあります。)

  • 4号トンネル入口
  • 4号トンネルの秘密のお楽しみ

     竹林から廃線敷きを少し歩くと4号トンネルです。この4号トンネルでは、数分ごとに、あることが起きます。それは何か!? ・・・内緒(ないしょ)です。びっくりして欲しいから、秘密です。初めての方、せいぜい驚いてくださいね。きっと会員の遊び心を感じてもらえると 思います。
     もし不幸にして何も起きなかったら、タイミングが合わなかったのかもしれません。数分待ってみてくださいね。

  • ブランコ
  • ブランコ

     4号トンネルを抜けて県下最大級と評判の大モミジを眺め、水車やゴリラ岩を過ぎて少し歩いたところに、この ブランコはあります。立木の枝からぶらさがっていて、つい乗ってみたくなります。ゆらゆら揺られると、なんだか心が 癒やされるから不思議。 ブランコの持つ不思議な魔力のせいでしょうか。
     ブランコで遊んだら、次まで、ほんの少し歩きます。

     じつは、ブランコはもう1箇所あるのです。とてもダイナミックで楽しいブランコです。このページの後の方で登場します。

  • 木琴
  • 木琴と竹琴

     子どもたちが遊んでいるのは、木琴と竹琴(たけきん)です。木琴はたくさん生えているヤブツバキの枝で、 竹琴は竹林の真竹(まだけ)で作りました。木製のミニハンマーでたたくと、優しい音がでます。それぞれ2オクターブほどの 音域があって、ちょっとした曲を弾くことができます。時々、びっくりするほど上手に弾いてくれる子(人)がいて、 驚かされます。なお、自然の素材で会員が作ったので、音程が少し狂っているかもしれません。 ひとつ、温かい目で見てやってください。

     木琴・竹琴で遊んだら、少し歩けばマルシェに着きます。マルシェの売店では、美味しくてお値打ちなお弁当や飲み物 を売っています。土日は生ビールやワインなども販売します。当会のお店もあって、トンネルカード(2019年秋から新発売)、 汽車土瓶(どびん)や絵葉書、缶バッジなどをお買い求め頂けます。 下の玉野川(庄内川)の流れを見ながらベンチでゆっくりお弁当など、いかがでしょうか。

  • D51動輪
  • 日本で唯一?の遊べるC57動輪

    マルシェから5号トンネルを抜けると、レンガ広場です。ここは土日祝にトンネルコンサートが繰り広げられる ところですが、愛岐トンネル群一番人気のC57の動輪も設置してあります。
      直径1.75メートル、重量3トン近く。すごい存在感のこの動輪。おそらく日本で唯一の「遊べる動輪」です。 隣りにある自転車をこぐと、動輪をゆっくり回転させることができるのです。1回転で約5.5m進みます。 子どもでも回せます。土日・祝日などは、行列のできるほどの大人気。
     ちなみに、このC57動輪のモニュメントは地元春日井市の「けやきライオンズクラブ」様の寄贈によるものです。 この動輪の搬入・据付には大変な苦労があったのですが、その経緯については 「C57動輪設置の記録」をご覧ください。

  • アルプホルンのコンサート
  • トンネルコンサート

    公開時大好評の催しがトンネルコンサートです。多くのお客様が楽しみにされて、お目当てのグループの日に トンネルに来場される方もいらっしゃるほどです。川向うの山をバックに、レンガ敷きのステージで繰り広げられる トンネルコンサートをごゆっくり楽しんでいただけたら幸いです。どんな出演者だったか、次の記事でご覧いただけます。 (篠笛やオカリナの演奏など、一部は竹林で行われます)
    トンネルコンサートの写真を見る

  • ターザンブランコと平均台

     お帰りには、竹林をもう一度通っていただくのですが、その竹林の下には「ターザンブランコ」と「平均台」があります。 多くの説明は必要ありませんね。ちびっこたち、大喜びで遊んでくれます。 お子さん連れでしたら、ぜひお立ち寄りください。
    【ご注意】
    ・ブランコにはそれぞれ体重制限がありますので説明をお読みください。
    ・あまり大きく揺らさないでください。揺らしすぎると危険です。・幼児用ブランコには安全ベルトを装着してください。

     そうそう、じつは2019年秋の公開からもうひとつ「笹迷路」が登場しました。ターザンブランコから、30mほど出口よりのところです。 ここもお時間あれば遊んでみてください。迷路とはいえ、すぐ出られますから(笑)。


▶トップページに戻る

近代化遺産ロゴ 英語版パンフレット

おすすめのコンテンツ
アクセス

ページのトップへ戻る