愛岐トンネル群保存再生委員会ロゴ

NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会 公式サイト
〔事務局〕090-4860-4664 〔公開時専用〕080-9492-5458

前へ
次へ

「2018年秋の特別公開」が終了しました! ありがとうございました

モミジのイラスト

 お 礼
 11年目の再生活動現場をご覧いただく「第22回 秋の特別公開」が11月23日~12月2日の10日間をもって終了いたしました。 ご来場の皆さま、まことにありがとうございました。 「知る人ぞ知る紅葉の名所」とも言われるようになってきた愛岐トンネル群・・・。今回の公開期間中は晴天にも恵まれ、 紅葉もこの時を盛りに充分に見応えがあったものと思います。
 そんな中でお迎えしたお客様の数は、実に3万8千人で、昨年秋の50%増と、過去最高のご来場者数となりました。 これほど多くの皆さまに秋のトンネル群の魅力を楽しんでいただけたことは、当会の大きな喜びであります。
 しかしこれらが私達の努力だけによるものでないことは言うまでもありません。 報道頂いたテレビ・新聞・雑誌など多くのメディア各社、定光寺駅での快速の臨時停車や駅員配置でご協力頂いたJR東海、 共催の地元商工会議所や観光協会の方々に 心より厚くお礼申しあげます。
 そして何より全22回の公開の累計244,619人もの全国各地よりご来場いただいた多くの皆さまに深謝申し上げます。 会員一同、この地域の宝をさらに磨き上げるべく、ますます精進させていただくことを 誓わせていただきます。

 最後に、来春の公開は「平成最後の公開」に決まりました。どうぞ去り行く〝へいせい”に思いを 込めて、新緑の春もみじを愉しんでください。
(春の特別公開=平成31年4月26日~30日の5日間)
    愛岐トンネル群保存再生委員会 理事長 村上 真善  会員一同


  • 2018秋の公開チラシ表

    ●秋の特別公開チラシです。裏面はパークアンドライドの案内を掲載しています。
    裏面を見る
    チラシをPDFで見る

  • 新パンフレット表紙側 新パンフレット中側 ●ご来場のお客様にお渡ししたパンフレットです。巻き三つ折りの体裁で、中開きのページには会場マップと見どころが詳しく載っています。 愛岐トンネル群散策のバイブルかも!?
  • 2018年秋の入場者数集計 入場者グラフ ●11年間全22回の入場者数集計表と入場者数推移のグラフです。 今回は前年同期比で50%増と、驚きの増加となりました。

    愛岐トンネル群の新着情報

12月9日、当会の研修旅行で「旧北陸線トンネル群」を巡ってきました!

  • 赤レンガ倉庫 ジオラマ 鉄道資料館 トンネル入口 トンネルの中 記念写真 山中信号所 若狭屋で蕎麦

    Facebookでこの旅行の短い動画を見る

  • 当会では毎年、研修旅行を行っていますが、毎回、鉄道遺産などを巡る中身の濃い旅なのが特色です。今回も敦賀の レンガ倉庫等や「旧北陸線トンネル群」を現地のボランティアガイドさんの案内で巡るバスツアーとなりました。 明治の人々の鉄道に寄せる熱い思いを感じ、難工事だった鉄道建設の苦労に触れた一日でした。
    ●見たところ:旧敦賀港駅のランプ小屋、敦賀赤レンガ倉庫、旧敦賀港駅舎(鉄道資料館)、旧北陸線トンネル群 (いくつかのトンネルは徒歩で、いくつかは乗車のままで)、杉津駅跡(杉津PA)、山中信号所、今庄宿、今庄駅など。
    ●食べたもの:敦賀赤レンガ倉庫にて海鮮丼。今庄宿の酒蔵にて地酒を試飲。若狭屋にて今庄蕎麦。
    ●お世話になった方:南越前町・今庄観光ボランティアガイドの高谷会長ほか1名の方。SLバスおよびハイエース、さらに観光バスの各運転手さん。
    ●旧北陸線トンネル群とは: 旧北陸線の敦賀~福井間は明治29(1896)年に開通し、昭和37(1962)年、現北陸線開通にともない廃線と なった。旧北陸線トンネル群は、敦賀市から南越前町にかけて築かれた13の鉄道トンネル群を言う。 廃線後に道路トンネルに転用され、現在も11のトンネルが残る。平成28年、国登録有形文化財に登録。

多くのTV番組で報道されました。11月25日には東海テレビの現地中継も!

  • 東海テレビ番組 ▶Facebookで番組のスライドショー動画を見る
  • 今回の公開では従来に増して多くの新聞・テレビの取材がありました。特に東海テレビでは「スタイルプラス」という番組で11月25日に 現場中継が行われました。事前取材も数回あって有名タレントも訪れるなど、こちらも驚くほど大変チカラの入った番組作りをされていました。 今回ご来場者数が飛躍的に増加した要因のひとつはこうしたメディアのお陰もあったかと推測しています。
    この番組をスライドショー的な動画にまとめてFacebookにアップしました。画像をクリックするとFacebookで再生されます。ご覧ください。


大垣共立銀行様より枕木14本を寄贈いただきました!

  • 枕木贈呈式 枕木贈呈目録
  • 公開期間中の11月30日、3号トンネル春日井口のD51大幕の前で、枕木の贈呈セレモニーが行われました。 けやきライオンズクラブ様のご協力により大垣共立銀行様から枕木14本を寄贈いただいたものです。 周囲では美しく色づいたモミジに多くのお客様が感嘆の声を上げ、カメラを向けておられました。 なお、この枕木14本は入口階段の上半分の改修に使われる予定です。来年春の公開時には入り口の階段がもっと昇り易くなっていることでしょう。

赤煉瓦ネットワークの「日本赤煉瓦土木番付」で大関に選ばれました!

  • 赤煉瓦番付 赤煉瓦2018パンフレット 赤煉瓦2018記念写真
  •  去る11月10日、「赤煉瓦ネットワーク2018横浜大会」が横浜市で開催され、各地の赤煉瓦構造物の現状や活用について熱心に報告や討論が行われました。 その席上、大相撲の番付表に模した「日本赤煉瓦土木番付(素案)」が発表されて、愛岐トンネル群が晴れて東の大関に 選ばれました。(現段階では素案であり来年4月末までに決定)

    【赤煉瓦ネットワークとは】
    赤煉瓦ネットワークは、舞鶴市と横浜市の自治体職員による自主研究活動の交流から始まった任意団体。 1991(平成3)年の設立以来、全国各地で赤煉瓦建築や構造物を愛するメンバーが様々な活動を展開している。当会も会員となっている。
    赤煉瓦ネットワークのフェイスブックを見る

新聞・雑誌・地域情報誌やWebマガジンなどに紹介されました!

  • 東海ウオーカー2018表紙 東海ウオーカー記事 東海地方のイベント情報やおでかけ・観光情報が満載の雑誌「東海ウオーカー」。その「秋ウオーカー2018」号に 紹介されました。記事は見開き2ページで、トンネル群のレイアウトをイラストで説明るなど、大変力の入った記事です。
  • FDAウェブマガジン記事1 FDA記事2ページ目 FDA(フジドリームエアライン)は、小牧空港を使っていることから当会に身近な航空会社といえます。 FDAには北九州サポータークラブという団体があって、そのメールマガジンに取り上げられました。 トンネル群は2ページ目に載っています。

  • はるる記事1ページ はるる記事2 トンネル群の地元春日井市で発行されている地域情報誌のひとつ「はるる」。その10月号に愛岐トンネル群の取材記が掲載されました。 夏の「森のビアホール」開催時にじっくりと取材されたものが記事になりました。 はるるの表紙はこちら

  • 東海ウオーカーWebトップ ことりっぷ記事1 左は「東海ウオーカー」のWebサイト版です。
    東海ウオーカーWeb版を見る
    右は地図の昭文社が発行している旅行マガジン「ことりっぷ」のWebマガジン版の記事です。
    Web版ことりっぷを見る
  • 中日新聞20181121 秋の公開の前、あるいは期間中に多くの新聞に取り上げていただきました。画像は、そのうちの一つ、11月21日付け 中日新聞近郊版の記事です。
  • ティアクラブ会報 表紙 ティアクラブ会報 記事 多くの町にあって、誰でも人生に一度や二度はお世話になる・・・ティアはそんな分野で活躍している会社です。 会員に配布の会報誌「Tear Club」の秋号に愛岐トンネル群が取り上げられました。
    「ティア」公式サイトを見る

愛知デスティネーションキャンペーンに取り上げられました!

  • 愛知DC公式ガイドブック表紙 愛知DCガイドブックのページ 愛岐トンネル群の記事 左上:公式ガイドブック表紙。
    上:紅葉の見開きページ。
    左下:愛岐トンネルの記事(腕組みの男性は当会理事長)
  • 愛知デスティネーションキャンペーン(愛知DC)は愛知県とJRなどが協力して愛知に観光客を呼び込もうと全国的に繰り広げる観光キャンペーンです。 会期は本年10月1日~12月31日の3ケ月間です。
     その「愛知DC」では県下の選りすぐりの観光地を選んでキャンペーンが進められます。その中に愛岐トンネル群も選ばれたことは、すでにお知らせの通りです。当会にとって誇らしい限りです。
     さて、愛知DCの公式ガイドブックがこのたび発刊され、愛岐トンネル群が紅葉観賞のページに掲載されましたので、画像でご紹介します。
    ●愛岐トンネル群公開時に公式ガイドブック提示のお客様には当会の「ご来場記念きっぷ」を進呈いたします。
    愛知DC特設サイトをみる

愛知DC期間中、ラッピング列車に愛岐トンネル群の画像が!

  • ラッピング列車お披露目 ラッピング列車・愛岐トンネルのデザイン部分 ▲出典:愛知DC特設サイト。車両の反対側の画像は特設サイトでご覧ください。
  •  愛知DC期間中にはラッピング列車が愛知県内のJR線と愛環鉄道を走ります。列車のデザインには愛知県下の観光地12ケ所が採用されていますが、そのひとつに愛岐トンネル群が選ばれました。名古屋城おもてなし武将隊も同乗したりして観光列車に使われますが、 観光列車で運行しないときは、中央線の定期列車でも使われるとか。
    ▶ラッピング列車の運行の詳細は愛知DC特設サイトでどうぞ。

愛知DC公式ガイドブック等を提示のお客様に来場記念きっぷをプレゼントしました

  • 愛知DC記念きっぷ 愛知DCプレゼント説明パネル
  •  秋の特別公開期間中に愛知デスティネーションキャンペーン(愛知DC)の公式ガイドブックあるいは「未来クリエーターパスポート」チラシを ご持参のお客様に「来場記念きっぷ」をプレゼントいたしました。
    画像左が記念きっぷです。画像のように、台紙の切れ込みに記念きっぷを差し込んで保存します。

 


愛知トンネル群の 最近の情報


過去の「活動報告」を読む

近代化遺産ロゴ  英語版パンフレット

モバイル利用の方にお知らせ
スマホご使用で上部のメニューバーが表示されない時は、上のアイコン アイコンをタップすればメニューが表示されます。

2018.12.14 最終更新

おすすめのコンテンツ
最近の更新情報
●2018.12.14研修旅行の報告を掲載
●2018.12.6公開終了の挨拶、赤煉瓦番付、枕木贈呈式、東海TV番組の情報を掲載
●2018.11.20来場記念きっぷの情報を掲載
●2018.10.26メディアに載った情報を掲載
●2018.10.20秋の公開の情報を一挙掲載。
●2018.10.1愛知DC関連情報を掲載。
●2018.7.7感謝状授与の情報を掲載。
●2018.6.27ビアホール情報を掲載。
●2018.5.15"東海ラジオ番組をアップ
●2018.5.9春の公開終了挨拶ほかを掲載
●2018.4.6春の公開情報を掲載
●2018.1.15「あなたはどこから」アンケートの集計結果を掲載。
●2017.12.5 秋の公開終了挨拶と入場者集計表を掲載。トップページの構成を更新。
●2017.11.13インバート発掘の情報を掲載
●2017.11.5さわやかウォーキング情報を掲載
●201711.3愛知DCの視察の情報を掲載
●2017.10.25東海ウォーカー・ぴあ・KELLYの情報を掲載。
●2017.10.14パネル展と訓練の記事を掲載
●2017.10.10旅ラジ公開収録と研修旅行の情報を掲載
●2017.9.27エコ交通システム視察のレポートを掲載
●2017.8.16トップページの内容とレイアウトを変更 活動報告2017のページを新設
●2017.7.17村上新理事長の挨拶を掲載
●2017.6.21春日井市役所パネル展情報を掲載
●2017.6.20HDRフォトギャラリーを新設
●2017.5.1D51大幕と鯉のぼりの情報を掲載
●2017.4.19「D51」お別れの記事を掲載
●2017.4.17総会、文化財プレート、落石防止ネット、モミジ植樹の情報を掲載
●2017.4.4 CCNetの映像が海外配信される情報を掲載
●2017.1.27「エコ交通システム共同研究」の新聞記事を掲載
●2016.9.5サイトを全面リニューアルし、独自ドメインにて再スタートしました。

アクセス

ページのトップへ戻る