愛岐トンネル群保存再生委員会ロゴ

NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会 公式サイト
〔事務局〕090-4860-4664

前へ
次へ

2016年「秋の特別公開」が終わりました。ありがとうございました!

秋の特別公開チラシ
愛岐トンネル群の「第18回秋の特別公開」が12月4日で終了しました。ご来場の皆さま、誠にありがとうございました。
11月26日~12月4日の9日間の会期中にお越しいただいたお客様は12,794人・・・。 赤レンガトンネルと紅葉のおりなす”廃線路の自然・渓谷の秋”を多くのお客様にお楽しみいただくことができました。お客様の声をお聞きすると、「来たいと思っていたが、 やっと来れた」という方もいらっしゃいますが、「前回も去年も来たよ」というリピーターの方の多いことに驚かされました。玉野古道歩きを楽しまれるお客様も多くて、 案内係が休憩を取るヒマもないほどでした。手応えを感じた9日間でした。
・画像は今回の案内チラシです。画像クリックにて拡大表示(PDF)


●次の公開は?

2017年の大型連休後半、5月3日~7日の5日間を予定しています。風薫る春の愛岐トンネル群も素晴らしいです。その魅力を探りに、どうぞお出かけください。
●冬の間の愛岐トンネル群は?
静かで、時に雪化粧をまとう冬枯れの愛岐トンネル群・・・会員だけの世界になります。その冬の間も会員による整備作業が続きます。 基本的に毎週木曜日と土曜日の2日間が作業日です。やることがいっぱいあります。そんな愛岐トンネル群の活動に関心のある方、よかったらご一緒に汗をかいて みませんか。男女、年齢を問いません。
「入会のおすすめ」のページを見る。


愛知トンネル群の 最新情報

  • 12月10日 研修旅行が開催されました



  •  毎年恒例の当会の研修旅行が12月10日に行われました。会員参加の日帰りバスツアーですが、じつは毎回かなりマニアック!  今回も『関西鉄道 加太・柘植地区の鉄道遺産群』をめぐる旅でした。関西(かんせい)鉄道は明治23年(1890年)に四日市~草津間を開通させた私鉄で、 その路線は現在の関西線・草津線となり、加太(かぶと)地区に多くの鉄道遺産が今も残っているというのです。今回はそれを見学しようと、会員Yさんにより企画 されました。
     朝早く会員を乗せたバスは一路亀山へ。ガイドして下さる「加太鉄道遺産研究会」の4人の方と現地近くで合流して見学スタート。昼食をはさんで何と 9カ所も見て回りました。時雨がちらつく生憎の天気でしたが、鉄道遺産とレンガ構造物の魅力、それを守り伝えようとする人たちの熱い思いを感じた一日 でした。ガイドして下さった「研究会」の皆さま、ありがとうございました。(2016年12月記)
    ▶写真を見る
    ・1.市場川橋梁と加太駅
    ・2.第165号橋梁と大和街道架道橋
    ・3.加太隧道縦坑と謎の構造物
    ・4.鳥谷川橋梁(ねじりマンポが特徴)
    ・5.赤煉瓦塀
    ・6.柘植駅の危険品庫と殉難碑
    ・7.C50蒸気機関車と関宿
    facebookでこの記事と写真を見る
    ▶当会会員ぷうさんのブログ記事を見る

  • NHKテレビで紹介されました。

    NHKテレビ「ほっとイブニング」

     12月2日にNHK名古屋の夜のテレビ番組「ほっとイブニング」で、愛岐トンネル群が取り上げられました。単なる紅葉の観光地紹介にとどまらず、愛岐 トンネル群の活動の変遷や会員の思いにまで迫った番組に仕上がっていました。ヘリコプターによる空撮画像もある力作でした。
    当会のFacebookで放映画面の画像を7枚紹介しています。ご覧ください。
    Facebookの記事を見る。

  • 公開入場者数のデータを公開します


     愛岐トンネル群の特別公開は、2008年4月に初めて実施して以来、今回で第18回を数えるにいたりました。この間にお迎えしたお客様の総数は、 何と16万9千人余り(今回入場者含む)・・・。こんなに多くの方にトンネル群の素晴らしさをご覧いただいたのかと驚くばかりです。
    第1回からの入場者数の記録を公開します。興味のある方、どうぞご覧ください。入場者数そのものは、メディアへの露出により世に知られ始めたころの 爆発的ともいえる動員の時期を過ぎ、最近は落ち着いた数で推移していると言えそうです。表形式とグラフ形式でご覧いただけます(PDF)。
    「特別公開入場者数一覧(表形式)」を見る
    ▶「「特別公開入場者一覧(グラフ形式)」を見る

  • 官報に告示されました!

    登録文化財告示の官報


     愛岐トンネル群の3号・4号トンネルおよび笠石洞暗渠(あんきょ)の3基が本年(2016年)7月に登録有形文化財に選定(文化審議会で答申)され ましたが、この度11月29日付け官報で告示されました。これにより上記3施設が登録有形文化財(建造物)として正式に登録 されたことになります。これも皆様のご支援のたまものと感謝申し上げます。当会では引き続き5号・6号トンネルの文化財登録を目指して努力してまいります。
     なお、地元の愛知県春日井市ではこの愛岐トンネル群が初めての登録有形文化財とのことで、市のサイトにも詳細な記事が掲載されています。
    官報を見る(PDF)
    春日井市教育委員会文化財課のウェブページを見る

  • ヘリによる救助訓練を実施しました!

    救助訓練

     9月2日に愛岐トンネル群で山岳救助合同訓練が行われました。この訓練は、春秋の公開時に斜面からの落石により負傷者発生との想定でヘリも 使用した緊急搬送訓練を行うものです。
     訓練は春日井・多治見両消防署隊員と当会会員、あわせて50名あまりで行われました。消防の隊員さん1名が負傷者役で、レンガ広場上空に飛来 したヘリに吊り上げて病院へ。もう1名の負傷者(ダミー人形)は担架に固定され、マルシェから5号・6号トンネルを人力で運び、県境の谷もロープで確保 しながら急坂を下して、愛岐処分場の駐車場まで搬送しました。 隊員さんたちは実に真剣。本番さながらの緊迫感あふれた訓練でした。(2016年9月記)
    Facebookの動画を見る


「これまでの情報・活動報告」を読む


近代化遺産ロゴ  英語版パンフレット

モバイル利用の方にお知らせ

スマホご使用で上部のメニューバーが表示されない時は、上のアイコン アイコンをタップすればメニューが表示されます。

2016.12.13 最終更新

おすすめのコンテンツ

新着情報

●2016.12.13研修旅行の記事を掲載。
●2016.12.6特別公開報告とNHKテレビの記事を掲載。
●2016.11.30官報と入場者数の記事を掲載。
●2016.11.18リンク集にもみじかえで研究所を追加。
●2016.11.15トンネルコンサートのプログラムの一部を改訂。
●2016.10.24「秋の特別公開」の情報を掲載。
●2016.10.17「写真館」に紅葉のページを追加。
●2016.9.28 「写真館」の内容を一新。
●2016.9.5サイトを全面リニューアルし、独自ドメインにて再スタートしました。

アクセス


ページのトップへ戻る