愛岐トンネル群保存再生委員会ロゴ

NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会 公式サイト
〔特別公開 お問合せ専用電話〕080-9492-5458

旧国鉄中央線 愛岐トンネル群!
~廃線とトンネル群保存再生プロジェクト~


  愛岐トンネルとSLのロゴ

愛岐トンネル群とは?

【開通と廃線までの歴史、そして私たちの活動の進展】

 3号トンネル 1900(明治33)年、国鉄中央(西)線は名古屋~多治見間が開通しました。明治の国策である「殖産興業」が急務だった時代から 戦後の高度成長期まで、経済発展の大動脈として中部地方の発展と近代化に多大な貢献をしました。
その鉄路も、単線だったため高速・大量輸送時代に対応できなくなりました。複線電化と長大トンネルによる新線が建設されて、高蔵寺~多治見間の 軌道敷と13基のトンネル群は1966(昭和41)年に廃線となりました。そして、レールも枕木も撤去され、いつしか廃線路は茂った藪の中に埋もれ、 忘れ去られてしまいました。

勝川駅レンガ 【トンネル群発見のきっかけ】
 2005(平成17)年、JR中央線勝川駅の高架化改修工事に伴い、残っていた明治の 赤レンガ製プラットホームが撤去されることになりました。(画像は勝川駅のプラットホームだったレンガのブロック。今は愛岐トンネル群の入り口ゲートに 展示されている)
ホームの土台となっていた明治の赤レンガを町おこしに再活用しようとイベントが開催されたのですが、地元の古老が定光寺駅付近に赤レンガのトンネルが あったことを思い出し、それがきっかけとなって探索が始まりました。トンネル群にたどりつくまで数か月を要したのですが、40年間藪の中に眠っていたトンネルを 目にした時の胸の震えるような感動は、今でも古参会員の間で語り草になっています。

【保存再生】
 2007(平成19)年、当時の地権者のご理解を得て、市民有志により調査が開始され、ほどなく当委員会 の前身の市民グループが結成されて活動が始まりました。ヤブ漕ぎから始まった作業でしたが、安全に歩けるようになるまで、たくさんの汗と時間と情熱とが 費やされました。2009年8月にはNPO愛岐トンネル群保存再生委員会が設立され、活動が本格化しました。
 トンネル群の価値はすぐに多方面で認められ、経済産業省「近代化産業遺産」認定など、注目を浴びることとなりました。メディアに取り上げらることも度々 で、春と秋の特別公開には多くの客様に愛岐トンネル群を訪れていただけるようになりました。2014年にはナショナルトラストにより敷地を取得。そして 2016年には登録有形文化財に3施設が認定されるに至りました。愛岐トンネル群の歴史的、文化的価値が認められたとともに、会員の努力も実りつつ あると言えるのかもしれません。

【ナショナルトラスト】

 3~6号トンネルまでの廃線路と復活した豊かな自然を、持続的で賢い再利用(ワイズリユース)をしつつ次世代に引き継ぐためにはこのエリアの土地 取得 が必要と考え、皆様のご協力のもと、2009年5月からナショナルトラスト運動を進めてまいりました。
 2014年6月、11,000名を超える方からのご支援・ご浄財によりナショナルトラストが成立し、愛知県側敷地16万平方メートルを取得することができました。 ご協力いただきました多くの皆様、関係者の方々に心からお礼を申し上げます。詳しくはナショナルトラストのページをご覧ください。

【玉野古道】

玉野古道公印  当委員会ではトンネルと廃線敷きの保存整備の現場作業だけでなく、様々な観点からの研究活動も進めてきました。玉野街道の再発見もその 成果の一つです。中央線開通直前の明治20年代に建設された玉野街道の痕跡が廃線路に並行して部分的に残っていることが 分かってきたのです。(玉野街道のことを私たちは親しみをこめて玉野古道と呼んでいます。以下、玉野古道と呼ぶことにします。)
 私たちは玉野古道も貴重な歴史遺産であると考え、整備を進めてきました。今では、年2回の特別公開時には大勢のお客様に玉野古道の散策を 楽しんでいただくことが出来るようになりました。
当委員会ではさらに玉野古道の調査を進め、近い将来、玉野古道とトンネル(7号と8号)を併用し、古虎渓駅まで散策を楽しめる「フットパス」を作り上げたいと 考えています。それは他の観光地には類を見ないネイチャーロードになるはずです。
画像は玉野街道の開通当時の公印


愛岐トンネル群の公開レイアウト

距離:片道1.7kmの往復路  所要時間:約2時間(休憩等含まず) 
トイレ:3か所にトイレを設置(入り口階段下、レンガ広場、6号多治見口)。定光寺駅にもトイレあり。

愛岐トンネル群配置図
※画像は特別公開時に入場者にお渡しするパンフレットクリックで拡大できます。


三位一体の魅力=トンネル群、歴史遺産「玉野古道」、愛岐渓谷

1. 近代化産業遺産「愛岐トンネル群」

 「三位一体の魅力」のトップバッターは、やはり赤レンガのトンネル群と廃線敷きです。
 トンネルをくぐり鉄道で運んだのは”もの”だけではありませんでした。人を運び、夢も涙ものせて運びました。人がトンネルを特別な存在と感じるのは、 トンネルの漆黒を抜けたその向こうに時空を超えた何かがある、と思わせるからかもしれません。
 特に、愛岐トンネル群の100年を超えるで赤レンガのトンネルを眺めると、トラックも建設重機もない時代にこうしたものを造り上げた明治の 人々の気概と苦労がしのばれます。トンネルのレンガにそっと手をふれると、明治の人々の心意気が伝わってくるようです。

 この愛岐トンネル群の3~6号のトンネル4基は、2009年経済産業省「近代化産業遺産33」に認定されました。 2012年には文化庁の「NPO等による文化財建造物の管理活用事業」に選ばれ、文化庁から活用活動を受託しました。 また2016年7月には3基の施設が登録有形文化財(※)の認定を受けることが出来ました。「貴重で素晴らしい歴史遺産」だと、 公けに評価されたことになります。 (※3号4号トンネルと笠石洞暗渠の3施設が登録有形文化財に認定)
こちらのページに詳しく書かれています。


2. 歴史遺産「玉野古道」

 多治見は陶磁器の集散地として栄えてきましたが、四方を山に囲まれた盆地のため、名古屋への平坦な道が熱望されていました。 古くからは内津峠を通る「下(した)街道」がありましたが、峠越えで人馬ともに難渋する道でした。
 明治24年、多治見 町民有志が出資し、多治見から名古屋へ向かう玉野街道の開削が始まりました。願いかなって川沿いの平坦な玉野街道 (名古屋新道とも)が 1895(明治28) 年に開通しました。しかし、道路開通の翌1896(明治29)年に、中央線の敷設工事が始まると街道は所々で 寸断されてしまい、明治33年の中央線開通とともに、玉野街道は全くさびれてしまいました。開通当時、出資金を補填するため「道銭」を徴収して いましたが、近年、この高札(料金表)と事務所の公印が発見され、1年余りの短命という運命をたどった「幻の古道」の存在が明らかになったのです。
 私たちはこの街道を「玉野古道」と名付け、愛岐トンネル群再生と同時に玉野古道の調査・再生活動も進めています。 公開時には、1.7kmの多くの区間で帰路に玉野古道を歩いていただくことができます。明治の人々の心に思いを馳せながら古道を歩くと、周りの 景色も違って見えるかもしれません。


3. 愛岐渓谷(玉野渓谷)

 愛知高原国定公園の西端に位置し、濃尾平野と東濃を隔てる山岳地帯への入口にあたり、豊かな里山の自然を残す庄内川※のV字渓谷の 雄大な自然景観は、大都市近郊にあって希少なものです。昭和初期から戦後しばらくの間は、「名古屋の奥座敷」として多くの観光客が訪れ、 駅の 下には食堂や旅館、土産物屋などがあってにぎわったといいます。
 名古屋近辺に住む年配者は、小学校などの遠足で定光寺を訪れた方が多いようです。もちろん、観光バスのない時代のこと。中央線のSLに乗って 定光寺駅で降り、河原で遊んでお弁当を食べ、定光寺にお参りしたわけです。愛岐トンネルに来て、懐かしいとおっしゃる方が多いのです.
 時は移り、駅は無人となり、駅前銀座?は寂れ、大型ホテルは廃墟となりました。しかし、時代の移り変わりを眺めてきた玉野渓谷は、今も変わらず そこにあるのです。

※庄内川は、上流の岐阜県では土岐川と呼ばれています。春日井市玉野町や定光寺駅付近では玉野川と呼ばれることが多いようです。


近代化遺産ロゴ  英語版パンフレット

おすすめのコンテンツ

アクセス


ページのトップへ戻る