愛岐トンネル群保存再生委員会ロゴ

NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会 公式サイト
〔事務局〕090-4860-4664・〔公開時お問合せ専用〕080-9492-5458

「赤煉瓦ネットワーク」の赤煉瓦土木番付で大関に選ばれました。2019年4月


 2018年11月10日に「赤煉瓦ネットワーク2018横浜大会」が横浜市で開催され、各地の赤煉瓦構造物の 現状や活用について熱心に報告や討論が行われました。
その席上、大相撲の番付表に模した「日本赤煉瓦土木番付(素案)」が発表されて、愛岐トンネル群が東の大関に 選ばれました。(この段階では素案であり2019年4月末に最終決定の予定です)

【追記】
2019年4月に最終決定版が「お披露目」され、愛岐トンネル群の「東の大関」が正式に決定されました。
「日本赤煉瓦土木番付」の印刷用PDFを開く

 なお、赤煉瓦ネットワークの公式HPによれば、 『この「日本赤煉瓦土木番付」は国内各地の煉瓦の土木構造物を広く紹介 する目的でつくられたもので、以下の種類の土木構造物に絞り込んで作成しておりますことをご了承ください』・・・とあります。
●橋梁(鉄道・道路・水路)、拱渠 ●隧道、トンネル(鉄道・道路・水路)   ●堰堤、ダム  ●水門、閘門、樋門、堰 ●防波堤、護岸   ●燈台 ●鉱山施設 ●上下水道施設 ●船渠、ドック ●発電所と付帯施設 ●要塞・砲台

----------------------------------------------

赤煉瓦ネットワークとは】
赤煉瓦ネットワークは、舞鶴市と横浜市の自治体職員による自主研究活動の交流から始まった任意団体。 1991(平成3)年の設立以来、全国各地で赤煉瓦建築や構造物を愛するメンバーが様々な活動を展開している。当会も会員となっている。

赤煉瓦ネットワークのHPを見る
赤煉瓦ネットワークのフェイスブックを見る


 ▶トップページに戻る
 ▶2017年の目次に戻る   ▶2015~16年を見る    ▶2013~14年を見る 

近代化遺産ロゴ 英語版パンフレット

おすすめのコンテンツ
アクセス

ページのトップへ戻る